診療時間	8:30~12:30 / 14:00~18:00 土曜  8:30~12:30 休診日  日曜・祝日、土曜午後
TEL:0120-27-6480

山口県 山口市 歯科 歯医者 矯正歯科 インプラント 審美歯科 予防歯科

診療内容

矯正歯科 歯科用CT
治療費用 デンタルグッズ紹介 求人案内 治療ブログ Twitter 無料メール相談
HOME»  一般歯科

虫歯治療

歯は、放っておくと進行し、重症化するほど治療も困難になるため、早期発見・早期治療が求められます。
しかし、初期には痛みなどの自覚症状はほとんどなく、気付いた時には大きく歯を削る治療になったり、もっと大きい虫歯においては神経を抜く治療になることもあります。
当院では、早期発見・早期治療に力を入れることはもちろん、患者様一人ひとりに歯の症状に応じた適切な治療を行うことで歯の寿命を少しでも長くする手助けをしていきます。
また、歯の治療が苦手な患者様のためにも、安心安全な無痛治療を心掛けています。

一般歯科

虫歯や歯周病など歯の疾患全般を治療します。
当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針を採っています。
そのためにも、早めに治療においで下さい。
また歯医者さんでの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期検診を受けて頂くことが、一番の虫歯予防になります。予防歯科という概念と正しいお手入れ方法や知識を持って頂くことが大事だと考えております。

歯周病治療について

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症を起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。歯垢(プラーク)はそのままにしていると硬くなり、歯石に変化し歯の表面に強固に付着します。
これはブラッシングだけでは取り除くことができません。
歯周病は、口臭の原因となったり、全身に悪影響も及ぼします。
初めの段階では症状が無い為、気付かないうちに進行しまっている病気で、成人の多くが遅かれ早かれ歯周病にかかっていると言われています。
長崎歯科医院では、歯周病の患者様それぞれの進行度に合わせ適切な治療を行い、進行を抑えるための治療やメンテナンスを積極的に行っています。

歯周病とは

ブラッシングなど、お手入れの状態が悪いと、歯垢(プラーク)がたまり、歯垢の中にいる細菌(歯周病菌)が、歯槽骨を攻撃していきます。
30歳以上の方の80%以上の方が歯周病と言われていますが、初期の歯周病には自覚症状がほとんど無いため、気が付いた時には歯周病が進行していることも少なくありません。
歯周病が進行してしまうと、歯を抜く以外に治療法がありませんので、日頃のお手入れと、定期的な検診が大切になります。

歯周病の治療

ブラッシング指導(プラークコントロール)
歯周病の原因菌は、歯垢(プラーク)の中に棲み付き、増殖していきます。つまり、歯垢を除去することが、歯周病を予防する第一歩です。
丁寧に磨いたつもりでも、磨き残しはできてしまいます。歯垢を残さない、プロのブラッシング方法を指導します。
薬物療法
薬により、歯周病の原因菌を殺菌します。
スケーリング
お口の中に歯垢が溜まったままの状態が続くと、カルシウムと結合して固い歯石になります。歯石になるとブラッシングでの除去は困難なので、スケーラーという器具を使って歯石を削り取ります。
歯周ポケット掻爬(そうは)
歯周ポケットの内部にある炎症を起こした歯肉などを器具で掻き出してきれいにし、炎症が治まることによってポケットを浅くしようとする治療。
歯周外科手術(フラップ手術)
歯茎をめくって、直接歯石や歯肉を取り除く手術を行います。
抜歯・義歯
保存のできない歯は抜歯し、義歯(入れ歯)などを入れます。

根管治療について

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。
「Root Canal Treatment」を略して「RCT」とも呼ばれます。
虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。
根管治療(歯の神経・根の治療)は実はかなり難しい治療です。
なぜなら、根っこの中は直接見ることができず、形も人それぞれなので完全に細菌を取り除くことが非常に難しく、しかも細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり、クラウン(差し歯・かぶせ物)をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあるからです。
後からトラブルが出てきてしまった場合には、ほとんどのケースで前に治療した詰め物やクラウンなどは作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。
当院では、根管拡大器を使用し丁寧に治療を行います。

小児歯科について

小児歯科では、子供の歯の健康を守るために、子供の口腔内の病気や虫歯、定期検診を行います。
乳歯の虫歯というのは、大人になってからの生活に影響を及ぼします。いずれ抜けて生え変わるから、子供が痛いと言わないからと放置していると、歯の交換がうまくいかずその後の歯並びにも影響してきます。
定期検診では、異常があれば早期に処置し、今後の成長発育を考えます。
不成咬合などの異常をより良い方向へ誘導し、正常な永久歯列をつくることが小児歯科の目的です。
当院では、ただ虫歯を治すだけではなく、お子様にとって今本当に必要なことは何かを考え、治療後も定期的にケアをしていくことが重要と考えています。
また4歳頃の反対咬合や小学生の矯正など、年代に沿った適切な矯正治療をご提案致します。
お子様の歯並びで気になることなど、お気軽にご相談ください。

4歳頃の反対咬合についてはこちら>

小学生の矯正治療についてはこちら>

予防歯科について

日本はアメリカなどの欧米諸国に比べて、歯のケアに関してあまり関心がない国だと言われています。
日本では『歯科医院は歯に何かしら問題が起きてから治療を受けに行く所』なのに対し、欧米諸国では『問題が起きる前に予防として検診を受けに行く所』と捉えられています。
ですので欧米諸国では、虫歯や歯周病等は予防する事が当たり前という考えが浸透しています。

最近では日本でも予防に力を入れている歯医者も増えてきています。理由としては、歯が痛み出す前に定期的な歯のメンテナンスをすることで、いつまでも健康的な歯を保ち続けることができるからです。

今ではインプラント、セラミック修復、入れ歯などの様々な治療法が開発されています。確かに審美性も良く、機能的にも回復することができるかもしれません。
しかし、費用や今後の維持・管理の面で負担がかかってしまうことは免れません。そのようなことになる前に日頃からの定期的かつ適切なケアを行っていくことが、最も重要な事ではないでしょうか。

予防の手法としては、主に歯科医院での衛生士による専門的なクリーニング(歯石の除去、PMTC)、フッ素塗布、ブラッシング指導等があります。PMTC では、患者様だけでは取りきれていなかった歯垢を医療機器を使って完全に取りのぞいた後、歯垢の再付着を防ぎ、歯の質を強くするためにフッ素を塗布します。
セルフケアですべての歯垢を取りのぞくことが理想ですが、現実にはなかなか上手くいきません。虫歯を未然に防ぐためにも、一度検診を受けてみてはいかがでしょうか。

審美歯科について

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。

気になる部分の歯を削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。

求人案内
無料メール相談
PageTop